地元・上田市の美術館にデビュー。

長野県は広いからなのか、地元住民や各種メディアでは4つの大きな地域に分けて表現されている。大雑把に言うと、長野市周辺から北が「北信」。松本市や安曇野、塩尻市あたりが「中信」。伊那市や飯田市、木曽あたりが「南信」。そして私の地元・上田市、佐久市や東御市、軽井沢などが「東信」だ。

このような経緯から美術会の活動も地域毎に分かれており、自分の住む上田市には「東信美術会」というのがある。

これまで全く縁がなかったものの、現代美術家協会信州支部の方から誘われ、この3日(土)から11日(日)まで開催される「東信美術展」というのに参加させていただけるようになった。

この展覧会もなかなか歴史があるようだ。44回目だというから。そして会場は2014年に新しく出来たばかりの「上田市立美術館」。愛称サントミューゼ。

立派な劇場やコンサートホールも兼ねた文化交流施設だ。千曲川沿いの広い場所にあり、意匠も割とモダン。

これまで東京、松本市、長野市とやってきたけど、こんどはまさにお膝元。こういうのを地元デビューとでもいうのだろうか。

サントミューゼ(上田市立美術館)
サントミューゼ(上田市立美術館)

投稿者: vart-jpn

画家として活動しながら長野県上田市でワイン用ぶどう栽培しています。自己ブランド「VART」のワインを販売するワインショップを経営。

コメントを残す