田舎の秋は忙しい。

想定外の早さで収穫が終わり、ちょっとはゆっくりできるかと思いきや、田舎暮らしはやることがいっぱいなのだ。

9月は集落の村祭りの季節ということで、今日は岩清水地区の菩提寺・清水寺(せいすいじ)の境内で毎年恒例の秋祭りが、台風の接近をものともせず開催された。

通称「だんご祭り」とも呼ばれており、その名の通り、祭りのメインを飾るのが団子の配布。普段は人影が少ない村内がちょっとだけ賑やかになります。

お団子は地域のみんなによる手作り。隣組ごとに集まっておしゃべりしながら慣れた手つきで作ります。コミュニケーションが主役ですね。私も混ざって作ります。

このお祭りでもうひとつの名物が屋台。こちらも地域のみんなによる手作り。前日から焼き鳥の仕込みを行い、BBQさながら焼きまくるのだ。これも何年もやっているから皆さん慣れたもの。

ビール片手に朝っぱらから備長炭による焼きたての焼き鳥をほおばる。これ、絶品です。準備から運営〜片付けまでしっかり働いているので尚更旨い。

私の場合、地域の役員にもなってるので、正装で読経〜護摩焚き、直会(なおらい)に参列する。ひととおり済んだら後片付けをやって、最後に公民館で慰労会と、まぁ中々のハードスケジュールでした。

ちょっと疲れましたが、小さな集落の小さな楽しみを大切に守っていこうと思います。

投稿者: vart-jpn

画家として活動しながら長野県上田市でワイン用ぶどう栽培しています。自己ブランド「VART」のワインを販売するワインショップを経営。