生きている限り

東京で仕事をして、横浜に住んでた自分は、何一つ無くしたわけではない。

子ども達の無事を確認できた時点で、被災から免れたのだ。

それでも、2011年3月11日は自分が生きている限り記憶の中に刻み込まれる。

人生の、残り時間のカウントダウンが始まった日。

思考が猛スピードで動き出し、一気に決断へと向かった日。

背中を押されてしまった。自然の脅威に。

そしていま、自然のまっただ中で、天地の采配に文句を言えない仕事をしている。

勝てないことはわけっているけど、負けたくない気持ちも強い。

若い頃から何をやっても人より劣っているのが常だったけど、もしかしたら両親からいただいた能力は「負けず嫌い」という気質かもしれない?ちょっとやそっとじゃ、諦めないのだ。

農作業も徐々に忙しくなる。

自然には絶対勝てない。でも負けたくない。だから共存しなきゃ。自然の声を聞かなきゃ。

8年目の3月11日。良きワインのために、今年も葡萄づくりに最善を尽くす。

新しいシーズンが始まっている。

投稿者: vart-jpn

画家として活動しながら長野県上田市でワイン用ぶどう栽培しています。自己ブランド「VART」のワインを販売するワインショップを経営。