次の一年へ

2011年3月11日 午後2時46分。

忘れられない。鮮明な映像が残っている。

古いオフィスビルのフロアの揺れ。デスク、チェア、書類、筆記具、PC、モニター、プリンター、ブックシェルフ。様々なものが異常な音を立てて揺れていた。

飛び出した屋外で、歩道に座り込む人々、余震の度に悲鳴が飛び交う。

徒歩で帰る人々の無言の行列、空っぽのコンビニ、多摩川の橋の上、綱島街道沿いの暗闇。

繋がらない子ども達の携帯にいらつく自分の姿。

反面、まったく覚えていない細部。

9年目か。

自分も含め被災の当事者でない人間のどれだけ多くがあの震災の影響を受けたのだろうか?

様々な状況下での、それぞれの人生があったと思うが、私のように「背中を押された」という方々も少なくないのではなかろうか?

日本の文化の場合では、お正月と春四月が一年のスタート、という心持ちが自然なことだと思う。

毎年3月11日は、生きてあることに感謝する日として刻まれた。そしてもっと生きなければ、この先一年を大事に生きなければ、と思いを強くする一日となった。

投稿者: vart-jpn

画家として活動しながら長野県上田市でワイン用ぶどう栽培しています。自己ブランド「VART」のワインを販売するワインショップを経営。