櫂入れ

仕込んでから9日目。昨日は、cave hatanoにてタンク内で発酵中のメルロを、櫂を使ってよいしょよいしょと混ぜてきました。業界内では「ピジャージュ(仏:pigeage)」といっています。広告やプロモーションの業界もそうですが、特異な世界はカタカナ語が多くて大変。ワイン業界はフランス語が中心なので尚更です。

タンクに仕込んだ果汁が発酵してくると、一緒に漬け込んだ果皮や種が液面に浮かんで塊となる(果帽という)ので、これを液体内に沈めて全体を巡廻させます。cave hatanoでは1日2回、毎日行います。果皮や種と果汁との接触を増やすことによって色素やタンニン、香り成分をより抽出させるのです。

私のメルロ。元気に活動(発酵)中でした。醸造家からも順調との見立てで、やはり嬉しい。頑張れ。

 

投稿者: vart-jpn

画家として活動しながら長野県上田市でワイン用ぶどう栽培しています。自己ブランド「VART」のワインを販売するワインショップを経営。