白ワイン、シードルの絵。

ときどき聞かれるので、今月上旬に発売した、真田殿城ブラン2019と真田シードル2019のエチケット(ラベル)の絵について。

左:真田殿城ブラン2019、右:真田シードル2019

真田殿城ブラン2019の絵のタイトルは「感情交差点」。2017年に、軽井沢のギャラリーでのグループ展に誘われたときに描いたもの。

アクリル、ガッシュ/227×158mm/カンヴァス

予め「軽井沢をテーマに」というリクエストがあったので、旧軽井沢の「六本辻」という交差点がありそこをモチーフに描いた。

ここは「ラウンドアバウト」と呼ばれる方式のヨーロッパでよくみかける環状になった交差点で、雰囲気が好き。

ラウンドアバウトには信号が無く、様々な人々が、各々の判断で行き交う。その判断は個々に委ねられ、安全もリスクも自分で決める。

誰かに強制されないし、何かに制御されてもいない。

自由がある。

人々の交流もそうあって欲しい。

各々の感情もそうあって欲しい。

真田シードル2019の絵は単純明快。リンゴの花です。

アクリル/333×242mm/カンヴァス/2020年5月制作

4月下旬から5月上旬にかけ、信州のあちこちの畑でリンゴの花が満開になる。

ちょうど「シードルのラベルデザインはどうしようかなぁ」と思案していた頃、ふいにお隣のリンゴ畑が目にはいり、「これでいいじゃん!」と素直に、そして一気に描いたもの。

迷わず、勢いで描いたのが功を奏したか、植物が持つ開花期のエネルギーや、この季節の澄んだ空気感を出せたと思う。

色々動き回って

また告知を忘れていました。

1月4日から始まっていた。「佐久平の美術展」が長野県の佐久市立近代美術館で26日(日)まで開催中です。80号を1つ出品。他の入選作とは明らかに異風なので、よくぞ通ったなぁという印象。お近くにお出かけの機会がありましたらお立ち寄りください。

中央のマンガみたいなのです。

* * *

金曜日から昨日まで、神奈川と東京をウロウロしていました。

なにはともあれ、恒例の寒川神社へお詣り。長年の習慣というのは恐ろしいもので、ここに詣でていないとどうにも落ち着かない。

お札もしっかり揃えました。2020年のおみくじは小吉です。

土曜日は代官山でひとつ用事を済ませ上野へ向かう。

まずは1つ出しているギャラリー主催の展覧会へ。始めての参加だけど、ここは「業者間取引のため」という印象。ギャラリーというより商談用のスペースなのかな?と。一応どなたでも入れるけど一般の方は入りにくいかも。プロモーションに力を入れている様子でギャラリスト集団を目指しているのかも?

10号を1点出しています。

午後からは上野公園内の「東京国立博物館」へ。「人、神、自然」という大仰なタイトルの展覧。世界各地の古代工芸が中心だが、カタール王族によるコレクションには驚いた。金に糸目を付けずに蒐集できるコレクターは世界中にたくさんいると思うけど、この殿下のセンスには脱帽だ。「俺の好み」でした。古代美術、掘り下げる意味あるかも。(写真撮影は禁止でした)

夜はお楽しみの時間です。5名で旧交を温める宴。神田のワインバーでリラックスタイム。

日本のクラフトビールは苦手。このベルギービール、好きな味でした。
ジビエ、いいですね。堪能しました。(写真提供:O氏)
白も赤も、ワインはいいねぇ。(写真提供:O氏)

日曜日。東京へ来る機会も徐々に減ってきたので、思い立ったが吉日と「東京都現代美術館」へ。

オノサト・トシノブ、いいです。初めて知った岡本信治郎、感動しました。(撮影不可)

東京の美術館ではここが一番好き。半日では時間が足りない。

慌ただしく動き回って、あっという間の3日間でした。さて今日から日常の始まりです。

不出来ながら我が人生。

機会をいただき、陶芸のワークショップに参加している。昨日は2回目で、3週間前に成形し焼き上がったものに絵付けをする段階。

初回に陶芸家の先生が「型にはまらず自由に楽しんでいいですよ」という言葉を真に受け、というか、拡大解釈し、自由にやらせてもらっている。

ワークショップの作品テーマは「自分だけのワインクーラー」なので、素直にそれを造っているのだが、成形しているウチに勝手にイメージが膨らんできてしまい、どんどん逸脱してくる。

どうやら自由すぎたようだ。お手上げのようである。

私の絵付けの状況を見ながら、先生曰く「こういう方は好きにやってもらった方がいいね」と、半ばあきれていた。ところが、他の参加者も中々の強者揃いで「自由すぎる人々」が多く、こんな時は指導役の先生も大変だ。

という訳で、絵付けまでは終えた。仕上がりがどうなるのか初心者には想像すらできない。

まぁいいさ。出来不出来を気にしていたら、ちっとも面白くない。

不器用な人間の人生みたいだ。そんな作品になれば本望かな?

さてどうなることやら。完成は2週間後。

個で、小さく、弱い。

昨日で個展2日目を終えた。

やっぱりいいな、個展。

大きな美術団体も、そこでしか体験できないこと、得られないことはあるけど、もういいや。芸術家の団体とはいっても結局は人間の集まりだもの、どんなに秀の人でも組織で物事を動かすとなると衆の思考が必要となる。階層の力が生まれる。

我が儘な人間には無理だな。ちょっとでも自由が狭まると途端に窮屈さを感じてしまう。

一人がいいや。

大きな枠はいらない。小さくていい。

強くなくていい。弱いままでいい。

気の合う、感覚の合う、人の価値観に土足で上がり込まない。そんな人たちと、ちゃんと交流できる距離を保てれば十分だ。

さて、今日も頑張ろう。自分のペースで。

心の花美術館

11月になりました。重ねてとなりますが、改めて個展の告知を。

11月7日(木)〜11日(月)、個展を開催します。会場は上田駅から徒歩7〜8分ぐらいにある「心の花美術館」。

上田市に移住して7年目。特に意識はしていなかったけど「そういえば初めてだなぁ、地元でやるのって」という感じ。

1年毎に東京と信州で交互にやろうと何となく決めているけど、ようやくここで行えることになってちょっと嬉しい。

個展の会場は、だいたい1年以上前から物色しておかないと、希望する会場で希望するスケジュールを押さえられないことが多い。

最初は上田市立美術館の市民ギャラリーがどうかと思っていたけど、広すぎるので「違うなぁ」と。冷たい感じがした。また公の施設なので手続きをはじめとした縛りがあり少し躊躇してしまった。

で、以前から「ここ、いいなぁ」と思っていたのがこの美術館。

個人で運営している小さな美術館で、街中の目立たない一画にあり、よく見ていないとウッカリ通り過ぎてしまうような佇まいだ。展示スペースも限られた空間ながらほどよい距離感を保てて見やすい。けっこう好きだ、このサイズ感。

今回は「なんだコレ?」という絵が多いかもしれない。

個人的には、具象とか抽象とか、分かるとか分からないとかどーでもよくて、誰がどう思うと観る側の勝手だもの、といつも思っている。好きなように感じてもらえればいい。ま、無理して受け入れなくてもいいけど。

期間中は休館なしで毎日会場に居ます。10:00〜17:00(最終日は16:00迄)。駐車場は2台のみ。ご興味とお暇がありましたら気軽にお立ち寄りください。

木彫り展(告知忘れ)

このところの慌ただしさと、頭の中が葡萄のことで一杯のせいか、告知することをすっかり忘れていました。

7日(土)より、東御市の喫茶&クラフトギャラリー茶楽庵にて、上田市の伝統工芸「農民美術・クラサワ工房」の教室が主催する木彫り展が開催されています。17日(火)まで。(でも今日11日と明日12日はお店の定休日なので、実質あと5日しか無くなってしまった…)

私は木彫りの猫2点、イラストを1点、絵ハガキ9点を出品しています。お時間とご興味がありましたらお出かけください。

以前に壁画を描いたお店です。
木彫作品
店内はこんな感じ。

花火と共に新情報ゲット

昨日、真田町の観光課(ゆきむら夢工房内)に「真田三代花火大会」の協賛金を支払いに行った。

毎年ウチの畑のすぐ横が花火の打ち上げ場所となるので、役場の方が農地の使用許可の承諾を得に来る。協賛金のご案内と共に。まぁ、毎年恒例です。ほんのちょっとだけど地元に貢献。

たった5,000円だけど、広告文をお願いすると、打ち上げる際に会場でアナウンスをしてくれる。いつも「バートの真田町産ワインは宮島酒店へ」っていう感じでお願いしている。※一度も現地に行っていないので実際に聞いたことが無い。

ところで、観光課だから色々なパンフレットやフライヤーが置いてあって、そのひとつに目がとまった。

おぉ〜久しぶり!村山槐多。1年に一度は見に行っていた信濃デッサン館が閉館してしまったのでガッカリしていた。

上田に来て初めて知った。もの凄い刺激を受けた一人。ゴッホもビックリの破滅的な天才。

絶対行かなきゃ。

個展1日目

初日、いい天気でした。すみれ屋さんの外観。

ギャラリーには飾り棚があって、思いついた展示がこれ。

VARTのワインも少しは数が揃った。

2016のメルロ。2017のメルロ(ステンレス熟成と樽熟成)、ブラン。

そして、6月21日発売予定の2018ブラン。

この5つのエチケットデザインに使用した絵を、ボトルと一緒に展示してみた。

5点のうち2つは手元に無いので、所蔵者にお願いして借りてきました。独自性は出せたかな?

それにしても、会場が近いのはいいけど、そうすると畑仕事をやりたくなる。

早朝に芽かきをやってから会場に行く。

終わったら、夕方は草刈り。

なんだか初日からクタクタになってしまった。

あしたも頑張ろう。

個展のお知らせ

明日、6月1日(土)から12日(水)まで、長野県東御市の「Cafe Gallery すみれ屋」さんで個展を開催します。※6日(木)は定休日

時間は10:00〜16:00。場所はコチラ。入場は無料ですがカフェで寛いでもらえると嬉しいです。

お隣の東御市だけど、ほぼ地元。なんといってもウチから7〜8分で行ける距離だもの。ギャラリースペースが完全に独立していて観賞しやすく、以前から「いつかここでやりたいなぁ」と思っていたカフェです。

お店のホームページは無さそう(?)ですが、コチラが雰囲気分かりやすいかも。

今日は搬入・展示をしてきました。

写真を撮り忘れた。

明日またアップします。

今は畑仕事が忙しいけど頑張って会場に居るつもりですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

いろいろアツくて。

ここ上田市も連日の真夏日越え。2日連続の32.7℃でした。北海道には驚きましたが。

そんな中、ぶどう達はスクスク育っている。昨日から2度目の芽かきスタート。

昨日と言えば、地域の棚田活動に奉仕。「稲倉の棚田」で行われたオーナー様の田植えイベントのお手伝いをしてきました。少しだけ。

それどころじゃない、っていう心持ちも。個展間近っていうのもあるけど、その前にお知らせをひとつ。

【第75回 現展】というのが間もなく始まります。

現代美術家協会のメイン展覧会です。

<期間>5月29日(水)〜6月10日(月)※火曜日休館

<会場>国立新美術館(東京・六本木)

あと少し下記のご招待DMあります。ご希望の方はご連絡ください(といっても知り合いしか連絡先が分からないと思いますが)。

いろいろです、やること。

暑さも、アツさも嫌いじゃないですが。